不妊の理由を突き止める産婦人科|原因をズバッと解決!

先生

赤ちゃんの育て方を知る

教室の開催も行われています。

夫婦

産婦人科の規模や、スタッフの人員配置、施設の種類(クリニックか、総合・大学病院か、個人病院か)にもよりますが、最近の産婦人科では診察や分娩だけでなく、母親学級といった特別教室の開催にも取り組むようになってきました。 かつて特別教室は主に保健所等で行われていましたが、医療機関側が開催することで、わざわざ保健所にいかなくても通院のついでに教室が受けるといったことも可能となってきました。 その他、マタニティもしくはベビー用品を販売や助言指導、妊婦歯科検診の開催などを行う医療機関も出てきており、近年の産婦人科は診察や分娩だけでなく、妊産婦のニーズに応じた様々な取り組みに着手しきつつあることがいえるのです。

有料の教室もある場合があります。

たいていの特別教室は産婦人科側に申し込みすることで、無料で受けられることが出来ます。たいていの教室はそこの医療のスタッフ(医師、看護師、助産師等)が講師となって開催されています。しかし、外部の講師を派遣した教室であったり、特別講演の場合、教材の購入が必要な場合は費用が生じる場合があります。 開催される教室は病院によって様々ですが、妊娠・分娩の知識を身につける母親学級、父親と母親両方の参加が必要となる両親教室(妊娠・分娩知識だけでなく、立ち会い出産についてなどを学びます)、栄養指導、マタニティヨガやマタニビクス、育児用品や沐浴・授乳指導など、産後にかんすることの教室などがあります。たいていの教室は自由参加形式となっています。