不妊の理由を突き止める産婦人科|原因をズバッと解決!

先生

費用をお得にする方法

受診票の返金制度もあります。

夫婦

通常産婦人科にかかる場合、保険適応が適応されません。しかし、お住まいの保健所にいき、母子手帳の申請を行えば、母子手帳と同時に受診票がもらえます。この受診票を通院時に利用すれば、通院代を安く済ませることが出来ます。つまり、受診票がある意味保険代わりとして機能されると言えます。 ただし、受診票は通常都道府県外での医療機関での利用は不可能となっています。それは一見里帰り出産をすることのデメリットのように見えますが、里帰り出産先の病院の領収書と、使わなかった受診票を必要書類と同時にお住まいの保健所に提出すれば、受診代の一部が返金されるシステムが実際に存在しています。詳しくはお住まいの保健所に問い合わせる必要がありますが、受診票が使えないという理由で里帰り出産を断念する必要はないのです。

高額医療制度や医療控除の対象にもなっています。

産婦人科の利用による助成制度は上記のような受診票制度だけではありません。健康保険に加入していれば、出産一時金がもらえる制度があり、現在は健康保険から42万円が支給されています。ただし、多くの病院は直接支払制度をとっているため、直接患者に一時金が支払われるのではなく、実際の出産費用から一時金の差額を患者が支払う形となっています。ただし、出産費用が42万円未満なら、その差額が患者に返金されます。 その他、通院費や出産費用が8万を超えた場合、高額医療制度も利用することが出来ます。また、産婦人科の費用は確定申告の際の医療控除の対象にもなっています。 以上のように、現在では産婦人科の費用の助成が社会の中で取り組まれています。