不妊の理由を突き止める産婦人科|原因をズバッと解決!

先生

重要な栄養素

妊娠判明前から赤ちゃんのために

夫婦

赤ちゃんを授かったら、産婦人科で定期的に検診を受けて、赤ちゃんの成長を確認します。赤ちゃんのためにお母さんができることは、何も妊娠中だけではありません。産婦人科で赤ちゃんを確認する前から、お母さんにできることがあるのです。それは葉酸を取り入れることです。葉酸が不足すると、赤ちゃんの成長に良くない影響があると言われています。葉酸は脳や神経を作るための大切な要素の一つと言われており、身近な食材に含まれています。植物性では、アスパラガス、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリー、などに含まれており、これらはスーパーでよく見かけることができます。動物性では、ウナギ、豚、鳥、牛など、メインのお肉にも含まれています。これらを調理する機会が持てないときは、産婦人科などで葉酸タブレットを購入することができます。産婦人科では他にもカルシウムや鉄、乳酸菌など必要なタブレットを購入することが出来ます。

食べて良し、動いてよし

お母さんが取り入れた栄養を赤ちゃんが取り入れるので、お母さんは食事内容に配慮する必要があります。また、食事だけでなく、適度な運動も必要とされています。絶対安静の場合は別ですが、適度に動くことで太りすぎを予防できるのです。妊娠中におススメなことは、マタニティヨガです。よく産婦人科でマタニティヨガを開催されることが多いです。これに参加することにより、無理なく身体を動かす機会が持てます。また、同じ妊娠中のお母さんと知り合うきっかけになります。妊婦さんと話すことで悩みを共有することができ、大変なのは自分だけではないのだと、心強い仲間を得ることができます。産婦人科は診察だけでなく、仲間を作れる場所でもあるのです。